2017年8月21日月曜日

カーブ


君は、線路がカーブを描く、その軌道の上にたたずんでいたね。

そして、ボクがシャッターを2回切る間に、去っていったけど、それでいいんだよ。


2017年8月20日日曜日

記念写真


ボクがカメラを向けたら、君は背筋を伸ばしておすましポーズをしたね。

そんなにかしこまったら、まるで記念写真を撮っているみたいだよ。


2017年8月19日土曜日

オブジェになった君


オブジェの中に溶け込んだ君には、誰も気付かずに通り過ぎていく。

でも、ボクは見逃さないからね。


2017年8月17日木曜日

招く猫


ボクが君を見つけてカメラを構えたら、君は、その扉の前に移動したね。

「ここで撮るといいよ。」
君は、そう言いながらボクを招いているような気がしたよ。


2017年8月16日水曜日

ギンガムチェックの特等席


爽やかな色のテーブルクロスだし、風通しも良いし、君がいる場所は、ずいぶんと涼しげなんだね。

このまま、お客さんが来なければいいような、それでは困るような、ちょっと複雑な気分だね。



2017年8月15日火曜日

ツチノコのいるホーム


君は、そんなところで何をしているのかな。

もうすぐ、電車が来るから危ないよ。

でも、君の方がボクよりよっぽど、この駅には詳しいよね。
そう、どうやら余計な心配だったようだね。


2017年8月14日月曜日

止まる猫


君は、字が読めるのかな。

ボクは思わず、「そこで待ってて」と言いながら、撮影していたよ。


2017年8月12日土曜日

案内係


「スイカやパスモは、ここにタッチしてください。」って、君は案内係なんだよね。

暑いのに、ご苦労様です。


2017年8月11日金曜日

霧雨の中


霧雨だから、そこでも雨宿りになるのかな。

だいぶ涼しいから、君は気持ち良さそうに、うとうとしていたね。

ボクの方は、だいぶ蚊に刺されてしまったけど、君に会えたから良かったよ。


2017年8月10日木曜日

無警戒


ボクのすぐ目の前で、そんなにリラックスしている君は、全く警戒していないということなのかな。

まあ、いいか。


2017年8月8日火曜日

陰の中から


遠くの子たちばかりに目が行ってたけど、そんなに近くで、君はボクのことを観察していたんだね。

ごめんよ、薄暗いから気がつかなかったよ。


2017年8月6日日曜日

暑っ!


あまりに暑いから、日陰の鉄板の上で伸びていた君。

少しは、ひんやりしているのかな。


2017年8月5日土曜日

遠い目


ひとりでベンチに座って、遠い目をしていた君。

ほら、電車がホームに入ってきたよ。
ボクは、これに乗っていくことにするから、次に来るまで元気でね。


2017年8月4日金曜日

素敵な高さ


高い場所に上がって、君は自慢げな顔をしているね。

そこは、ボクにとっても目線の高さだから、とてもありがたいよ。


2017年8月3日木曜日

ひとり占め


駅のホームを、ひとり占めしている君は、気持ち良さそうだね。

青空も見上げられて、君はごきげんだけど、きっと今日も暑くなるよ。


2017年8月2日水曜日

落ち着く位置


そこは君にとって、きっと落ち着ける位置なんだろうね。

君は、そこから動く気がないのだろうから、ボクはじゃましないようにするよ。


2017年8月1日火曜日

落書きじゃないよ


「これは落書きじゃないからね」と、君は言っているのかな。

毎日、ここでくつろいでいる君には、大事な確認事項の意味が解っているんだよね。


2017年7月31日月曜日

新しい朝が来た


君たちが住む、この駅にも新しい朝がやってきたね。

互いに朝の挨拶を交わして、今日も電車を迎える準備は万端のようだね。


2017年7月30日日曜日

自転車の城壁


君は、自転車でできた城壁に囲まれて、満足そうにくつろいでいたね。

ボクみたいに、下から覗き込む人は、めったにいないからね。



2017年7月29日土曜日

ホームにて episode3


このホームで最初に見かけた君に再会できたのが嬉しくて、ボクはついに電車から降りてしまったよ。

君を撮るのに一生懸命だったから、ほんとうに「振り向いたらドアが閉まって」いたんだ。



2017年7月28日金曜日

風の通り道


日陰になっている、この場所は、地面もひんやりしているし、わずかだけど風も通り抜けるということを、君は知っているんだよね。



2017年7月27日木曜日

透明人間


君には、いろいろなものが見えるらしいね。

その自動ドアが開いた理由も、君には解っているのかい。



2017年7月26日水曜日

夏の冒険


君が歩いている、その線路の先には、何が待ちうけているのだろうか。

ひと夏の冒険に旅立つ君の背中を、ボクはそっと見送ることにするよ。



2017年7月25日火曜日

やってらんねーよ


まだ、朝の7時前だと言うのに、この暑さにぐったりしてしまうよね。

そして、君は何か言いたげな視線をボクに向けてきたね。
そんな顔をされても、「これからが暑さの本番だから、お互いにがんばろう」としか言えないよ。



2017年7月24日月曜日

セキュリティ


朝早くから、そんなところで見張り番、ご苦労さん。

この街が平和なのは、きっと君のおかげだよね。



2017年7月23日日曜日

分かれ道の誘惑


道を歩いてきたら、突然、君が視界に入ってきたんだ。

君は、「こっちこっち」と誘惑していたわりに、一歩踏み出したら一瞬にして逃げていったよね。

★本日から、もうひとつのBLOGを始めましたので、よろしければ時々覗いてみてください。



2017年7月22日土曜日

幼き君


線路の脇を歩いていた君は突然に立ち止まって、ボクのことを興味深そうに見上げていたね。

まだ、幼さが残る瞳の奥には、何が見えていたのかな。



2017年7月21日金曜日

赤いバイク


赤いバイクの陰に隠れて、気が付かれないようにしようと思っていた君。

でも、それは逆効果だよ。
だって、このあたりで一番目だっている場所だからね。



2017年7月20日木曜日

堂々のENTRY


君は、堂々とENTRYしていったね。

横の君も寝ている場合じゃないよ。



2017年7月19日水曜日

這い上がれ


君よ、暗闇の底から這い上がるんだ!

自分の力を信じるんだ!

誰も見ていなくても、ボクが目撃者になるから。



2017年7月18日火曜日

夏の気配


梅雨は何処に行ってしまったのだろうか。
そんなことを真剣に考えている君は、とても凛々しくて涼しげな顔をしているね。

でも、夏はもう来ているんだよ。
ボクには見えないけどね。



2017年7月17日月曜日

夢中


何にでも好奇心が芽生えてしまう年頃の君。

夢中になって、そんなかわいい座り方をするから、ボクも夢中でシャッターを切ったよ。



2017年7月16日日曜日

ホームにて episode2


おや、君たちは、この前出合った子ではないよね。
また、会えると思って来てみたのだけれど、、、
でも、2倍の数で歓迎してくれたから、ボクは嬉しかったよ。

そして、振り向かなくてもドアは、すぐに閉まったね。



2017年7月15日土曜日

夕涼み


暑かった日の夕方、照り返しも弱まって少し冷えてきたアスファルトで、夕涼みをしていた君。

通り過ぎる人たちは、君のことを気にも止めないけど、その方が君にとってもありがたいよね。



2017年7月14日金曜日

踏切


君は見慣れているかもしれないけど、ボクだって、この遮断機が降りているのを見たことがあるんだよ。

もう、何年も前のことだけれどね。



2017年7月12日水曜日

光差す方


君は線路脇にたたずんで、光が差してくる方を見つめていたね。

「今日も暑くなりそうね。」って思っていたのかな。

梅雨の晴れ間は、君の予想通りに30度を越えていたよ。



2017年7月11日火曜日

ホームにて


電車がホームに滑り込んでいくとき、君の姿が見えたんだ。

ボクは周りの乗客の視線も気にしないで、開いたドア越しに君を撮影したよ。

無人駅だから「やさしい声の駅長」は、いないけど、ドアはすぐに閉まったね。
またいつか、会えるよね。。。



2017年7月9日日曜日

森の番人


君は階段の途中で、とおせんぼをして、森の平和を守っているのかな。

でも、ボクは知っているよ、子供たちが上ってきたら、君は逃げてしまったことを。



2017年7月8日土曜日

日常


そんな奥の方から、君は通りの様子を眺めているんだね。

そんな君の日常を少しだけ垣間見れたような気がするよ。


2017年7月7日金曜日

2017年7月5日水曜日

エノコログサの夕暮れ


少し高い場所に上がった君は、少し迷ってから、そこに落ち着くことを選んだね。

夕暮れに輝くエノコログサが、君にお似合いだよ。


2017年7月3日月曜日

Good morning


おはよう!
君は朝から忙しそうだね。

ボクは暑くなる前に退散すことにするよ。



2017年7月2日日曜日

収集サポーター


アルミニウムの空缶収集を、一生懸命手伝っている君。

雨の中、ご苦労様です。


2017年7月1日土曜日

雨を浴びる向日葵


たくさんの雨が降る中、そんなところで君は何をしているのかな。

雨宿りでもしているつもり?


2017年6月28日水曜日

邪魔者


「なんか邪魔なやつがいるぞ」というような顔をしてる君。

「ごめんごめん、すぐに退散するよ」と言い訳をするボク。


2017年6月24日土曜日

長閑


昼間の時間が長いこの時期。

君は昨夜、夜更かししすぎたのか、朝からとても眠そうにしているね。

いつもの公園の、いつもの朝は、いつものように長閑だから、ボクもリフレッシュさせてもらうよ。


2017年6月21日水曜日

2匹の視線


人ひとりがやっと通れる幅しかない隙間を入っていったら、君たちがいたんだ。

不思議なものを見るかのように、ボクのことをじっと見つめる姿を何枚か撮らせてもらったよ。

そして、場違いなことに気が付いたから、すぐにUターンすることにしたんだ。


2017年6月18日日曜日

古いアパート


通り過ぎそうになったけど、君の姿が視界の片隅に見えたんだ。

そんなところで何をやっているのかな。
昭和を感じるアパートの雰囲気に、君はすごく似合っているよ。


2017年6月17日土曜日

日本酒ディスプレイ


たくさんの日本酒が飾られている店先。

そんなものには、全く興味がない君は、塀の上でくつろいでいる。

そして、お酒が飲めないボクも、君と同じく全く興味がないけど、しっかりと撮影はさせてもらったよ。


2017年6月14日水曜日

初夏の小道


緑が眩しい初夏の小道を横断していく君。

その姿を見かけて、慌ててシャッターを切ったボク。

そんな事は気にも止めずに、君は足早に去っていったね。